1. TOP
  2. 顔のたるみが治った方法
  3. 顔のたるみを劇的に改善するたった2つの方法 ~たるむ原因と改善策~

顔のたるみを劇的に改善するたった2つの方法 ~たるむ原因と改善策~

鏡を見るたびに憂鬱になる「顔のたるみ」・・・。

美顔器やトレーニングなど色々と試してはいるものの一向に改善しない!

そんなお悩みはありませんか?

この記事では顔のたるみを劇的に改善する方法をご紹介していますので、たるみにお悩みの方は是非ご覧になってみてくださいね。

顔のたるみを劇的に改善する方法

たるみに悩んでいる35歳です。

お尻やお腹二の腕など、体のたるみは頑張ってトレーニングをすると、劇的ではないもののそれなりに効果を感じています。

でも、ほうれい線や口元のたるみなど、顔のたるみに関しては、頑張っても全くと言っていいほど効果が出ません。

それどころか、やればやるほど日に日に老けていってるような気さえしています。

今までに試したもは、

・顔筋トレーニング
・リフトアップ化粧品
・ビタミンC誘導体の美容液
・かっさ
・美顔器
・マウスピース
・コラーゲンサプリ

など、はじめて2ヶ月以上が経ちましたが効果が感じられません。

上記以外で何かたるみに劇的に効果のある方法ってないでしょうか?

老化は仕方のないことだと思っていますが、何とかして改善したいと思っています。

顔のたるみの原因と改善する方法

顔のたるみの原因はSMAS筋膜の低下

顔のたるみの主な原因は、SMAS(スマス)筋膜の低下、真皮層のコラーゲン、エラスチン ヒアルロン酸の低下などがあります。

SMAS筋膜は顔の皮膚を支えている筋膜で、表在性筋膜とも呼ばれています。

皮膚は、表皮、真皮、脂肪組織の3層からなりますが、SMAS筋膜は脂肪組織の下部にあり、さらに下部に筋肉があります。

SMAS筋膜は頭から首まで連続している筋膜ですが、先ほどお伝えしたように顔のたるみの主な原因はSMAS筋膜の低下です。

医学的な根拠もあるベロまわし体操

そして、このSMAS筋膜を鍛えるために有効なのが、日本歯科大学教授の小出先生が考案された「ベロまわし体操」です。

一般的な表情筋トレーニングと違って顔の筋肉を大きく動かさないため、表情ジワができる心配はありません。

医学的な根拠もある方法なので、ベロまわし体操でSMAS筋膜を鍛えることをお勧めします。

肌細胞の入れ替わりを促進する

若い時は肌にハリがあるのに、年齢とともにたるんでくるのは肌細胞の代謝スピードが落ちるからです。

肌細胞の代謝スピードが落ちたり不規則になると、古い細胞の入れ替わりが行われずシワやたるみになります。

これを改善するには、肌細胞の代謝スピードを整で入れ替わりを促進してあげることが重要です。

極端な乾燥肌や肌トラブルがなければ、30代からの女性の肌は少ししっかりめの洗顔で肌細胞の入れ替わりを促進しましょう。

古い肌細胞がいつまでも肌の表面に居座っていると新しい細胞が作られません。

また、化粧品などでアンチエイジングケアを行っても、古い細胞のため効果もほとんど感じられません。

30代からは不要なものは落とし切って必要なものをきちんと補う。

これがいつまでも若々しい肌を保つ基本です。

関連記事

  • 顔のたるみが治った方法を教えて!即効で効果があるものは?