1. TOP
  2. たるみやすい肌質
  3. たるみやすい肌質ってあるの?原因と改善方法を教えて!

たるみやすい肌質ってあるの?原因と改善方法を教えて!

40代を過ぎると頬の弾力がなくなってきてたるみによるほうれい線が目立ちはじめます。

中には、30代から気になりだす方も多いようですが、実際の年齢より見た目年齢が老けているなんてイヤですし何とかして改善したいものですよね。

そこで、この記事では、たるみやすい肌質とたるみにくい肌質の違いや改善策をご紹介していますので、是非ご参考にしてみてくださいね。

たるみとほうれい線に悩む40代

たるみとほうれい線が気になる40代です。

ほうれい線は30代の頃からありますし同世代の友人も同じようなので、つい最近まではお金をかけていなければ(普通のスキンケアのみ)そんなものだろうと思っていました。

ところが、先日久しぶりに会った45歳の従姉には、たるみ・ほうれい線・目元のしわなどが全くなくて驚いてしまいました。

2歳しか年が変わらないのにこうも違うものかと愕然!何か特別なケアをしているのか聞いてみたのですが、特に何もしていないと言います。

従妹は現在、三人目の子育てで忙しくしていますし、もともと美容に興味のあるタイプではない(どちらかと言うと身なりもあまり気にしない)ので本当だと思います。

そこで、お聞きしたいのですが、たるみやすい肌質、たるみにくい肌質というのはあるのでしょうか?

また、私はたるみやすい肌質だと思うのですが、その原因な何なのでしょうか?改善する方法などはありますか?

たるみやすい肌質ってあるの?

たるみにくい肌質とは

私も40歳を過ぎてもしわやたるみがなく、エステなどに行くとたるみにくい肌質だと言われます。

なので、もともとの肌質や遺伝によって、たるみやすい肌質・たるみにくい肌質はあると思います。

エステの方のお話によると、顔を触れば感触が違うためすぐに分かるそうです。

たるみにくい人は肉が固くてたるみやすい人は肉が柔らかいそうなので筋肉量の違いだと言っていました。

ちなみに私は、特に運動などはしておらず、胸やお尻の肉も固いので生まれつきです。

骨格と頬の厚みの違い

43歳の友達でたるみどころか法令線らしきものもまったくない人がいます。

羨ましく思い美容皮膚科医の知り合いに聞いてみると、顔がたるみやすい人とたるみにくい人の違いは骨格と頬の厚みの違いだとのことでした。

簡単に言うと、もち肌で頬に肉のある人よりも、頬があまり目立たない顔のほうがたるみにくいそうです。(法令線も同様)

骨格は努力のしようがないので、見た目が変わるくらいにしようとするならプチ整形(ヒアルロン酸注射など)しか改善する方法はないと思います。

たるみやすい肌質の原因と改善方法

歯ぐきが痩せている

歯医者さんによると、40代を過ぎると歯ぐきも痩せ細って衰えます。

歯ぐきが痩せてくるとその分頬がたるんでしまうため、鼻から口にかけてたるみによる法令線が目立つことがあるそうです。

そのため、若いうちに上の歯を何本も抜いている方はどうしても法令線が出やすいとか。

もちろん生まれつきの肌質もあるでしょうが、歯ぐきが痩せたことが原因で口元の皮膚がたるんでしまう方も意外と多いそうです。

紫外線の浴びすぎ

美容皮膚科医の先生から、紫外線を浴びすぎると肌の弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチンが生産されなくなるので、たるみやしわの原因になると言われました。

コラーゲンやエラスチンは年齢と共に減ってくるものなので、それ自体は仕方のないことですが、紫外線を浴びる量が多いと一気に減少して老化が加速します。

たるみを防ぐためには、スキンケアにお金をかけるより紫外線対策をしっかり行うことのほうが有効だそうです。

顔の皮膚(角質層)が薄い

顔の皮膚が薄いと紫外線はもちろん乾燥からも肌を守れないため、角質層の水分がどんどん失われていきます。

干しシイタケを想像すれば分かりやすいと思いますが、水分を失ってシワシワになり形も違ってきますよね。

これと同じことが肌でも起こります。

肌のうるおいがたりなくなると外的なダメージは避けられませんし、たるみやほうれい線の原因になります。

そのため、敏感傾向が強い肌の人のほうが、シワもできやすくたるみやすいです。

改善するには肌を強くすることが肝心ですが、そのためには洗顔で肌のうるおいまで落とさないことと保湿をしっかり行うことですね。

関連記事

  • 顔のたるみがひどい!実際に改善した方法まとめ